読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなくうやむや

コミュ障ヲタク大学生、故に笑いはない

夏フェスは知識なしのぼっち初参戦でも大丈夫か

先日、ビバラロックへぼっちで参戦してきた。

僕自身、前々から行きたいなあなんて思って。

フェスと呼ばれるものに初参戦。

だいたいぼっちでどこでも行く性格。

行ったこともなく勝手が分からないイベントに1人ってなかなか危険。

行く前までそう思ってた。笑笑

 

 そんときのレポ↓

gznsng.hatenablog.com

 

f:id:gznsng:20170510161251j:image

当日券

フェスってだいたい人気のもの意外はチケットが余ってたりしちゃう。

人気のものでも先行販売ならすんなり取れちゃうこともある。

僕が行った3日は一般販売で完売だった。

しかし当日券を限定200枚で販売することに。

 

これが2,3時間並んだかな、ずっとぼっち笑笑

読書してた。周り誰も本読んでないし喋ってるしもしかして浮いてるんじゃね???って錯覚しそうに。

でも実際誰も僕のことなんか見てない。それも分かっていたのでノー問題。

 

そして並んでいる人の中にもぼっちが割といた。

なんなら僕の両隣、お一人様だった。仲間!!

話かけようかななんて思うけどそもそもそんな勇気は持ち合わせてなかった。てへ。

 

 

物販

死んだ。

ひたすらに並ぶけど話し相手がいないので凄い暇だった。

並ぶ系はぼっちダメだ。ウサギ死んじゃう。

下を向いて人と目を合わせないようにしてスマホを弄る。

あれ、目から汗が。。。

 

しかも体は一つしか無いので一つの列にしか並べない。

友達と手分けして複数のアーティストのグッズ集めるとか出来ない。

Twitterで誰かに代行を頼むことも可能だけど、よっぽど信用出来る人じゃないと嫌。

リスクもないわけじゃないし。たぶん。てか頼む相手がいない。

 

リア凸じゃなくぼっち同士仲良くなってるぽいところもあった。かなり稀なケースだと思う。僕にはムリだ。誰か話しかけて。

 

クローク

死んだ。

いや僕は利用してなかったんだけどね。

ありえないくらい行列できてた。

ぼっちなら死亡不可避。

 

そして何よりぼっちは割り勘ができない。

クロークの利用料が1000円なら2人で分ければたったの500円!!

ひええ。。。ぼっちに優しくない。。!!!

 

入場

あんま並ばんかった。

リストバンドで確認取るんだけど、

「腕を高く上げて下さ〜い」って言われてガッツポーズ決めながら歩いたらそのまま入場できちゃった。

え、

こんなスムーズに入場できるの!

荷物検査も金属検査も入らないとか最高かよ!笑

知らなかった〜〜笑笑

慣れてないからちょっと照れちゃう〜〜

 

 

ライブ!

好きなバンド、知ってるバンドはもちろんあるんだ。

でも曲知らない!なんてバンドもある。

沸けないかも!と不安な人。

 

あんま問題なかったかも笑笑

 

見よう見まねで前の人と同じように手を振ろう。最初は違和感でぎこちなかったけどそのうち慣れた。

普段はペンライトを持つドルオタからすれば手持ち無沙汰で腕疲れた。

 

曲の途中で突然手拍子に変わる曲もあるし、不規則な動きももちろん沢山ある。

 

見よう見まねだ!!

なんてったってぼっちだ!!失うものは元よりない!!!

恥ずかしがってやるより全力で間違えた方がいいよねっ

 

そんな訳で知らなくても大丈夫っちゃ大丈夫。だった。

だけど知ってる曲があった方が絶対楽しいよ。

 

ぼっちの良いところは自由度が高いところ。自分が行きたいところに行って、自分がいいように楽しもう。

 

 

モッシュとサークル

よく聞くよね〜〜

正直怖い印象しかなくて、巻き込まれたくないなーって思ってた。

 

モッシュは前方中央、サークルは全体の中央で出来る。

巻き込まれたくないなら後方とか、端の方いればまず大丈夫。

 

 ぼっちならその辺友達に合わせる必要がないので自由なところで見れるぞ。

 

僕は参加してきた。

モッシュもサークルもよく分からなかったけど問題なし。

周りに合わせろ!これに尽きる。

 

モッシュはただの圧縮だからただ苦しいだけだった笑笑

サークルが超絶楽しかった!!

円になって、走ったり踊ったりぶつかりに行ったり。

人と人の接触が凄くてすごい(語彙力)

人の汗とか気にならないなら大丈夫だ!

ただやっぱり危ない!!

転んだらリアルに死ぬ!かも!!

 

ちなみに、SIMのライブで初めてヘドバンを見たけどなんかの宗教かと笑笑

 

 

ごはん

ぼっちだ!!

自由気ままにフェス飯を食べよう!!!

 

この時間が1番つらかった。

ちょっと友達を待ってる風にして行動してた。たぶんバレてる。

 

大きい会場なら様々あるので食べ歩きみたいなんも楽しい。

僕はライブ主体で動いていたからゆったりしてる時間はなかった。

1人だからこそ出来ない楽しみ方もあるよね。

 

食べなくても僕は平気。笑

 

 

終演後

まっすぐ帰りましょう。

グズグズするな。電車が混むぞ。

1人で余韻に浸るなんて僕にはまだ無理だ。

寂しくならないうちに帰ろうな。

 f:id:gznsng:20170510161347p:image

 

まとめ

1人で来てる人は男女問わず割といた

 思ったよりいた。2割ぐらい。

実際はライブが始まっちゃえば1人の世界だし。サークル、モッシュ等でどうしても1人になってしまう。

だからライブ中は全く気にしてなかった。

 

物販やその他の移動中、退屈になった時につらくなる。その時間はちょくちょく訪れる。

慣れれば余裕だなって思った。

 

本当に以外なほど1人で来てる人は多かった。それが実感できればもう怖くないよ。