なんとなくうやむや

コミュ障ヲタク大学生、故に笑いはない

【伝説】4/22アンダーライブ2017東京公演レポート!

4月20~22日

乃木坂46アンダーライブ全国ツアー2017

~関東シリーズ 東京公演~

 

最終日の昼公演と千秋楽参戦してきた!

 

今回のライブ、千秋楽でトリプルアンコールが起こって話題になったね。

激アツ!

 

 

乃木坂のトリプルアンコールは2014年10月の「アンダーライブセカンドシーズン」@六本木ブルーシアターの伊藤寧々卒業コンサート、2016年3月に同じくアンダラの名古屋で行われた永島聖羅卒業コンサートに続く3回目。

 

僕はアンダーだけのライブには’16クリスマスライブ以来の2回目の参戦で、やっぱりトリプルアンコールが起こるだけのものがあったなと感じた。

振り返って行くよ!

 

千秋楽 セトリ

VTR1

0.OVERTURE

1.風船は生きている

2.シークレットグラフティー

3.春のメロディー

4.13日の金曜日

5.ブランコ

MC1

VTR2

6.狼に口笛を(みり愛センター)

7.自由の彼方(みり愛)

8.ここにいる理由(みり愛)

9.生まれたままで(川後)

10.左胸の勇気(川後)

11.扇風機(川後)

12.君は僕と会わない方がよかったのかな(能條)

13.初恋の人を今でも(能條)

14.涙がまだ悲しみだった頃(能條)

VTR3

15.制服のマネキン(みり愛)

16.今、話したい誰かがいる(川後)

17.バレッタ(能條)

18.ぐるぐるカーテン(能條)

MC2

VTR4

19.別れ際、もっと好きになる

20.嫉妬の権利

21不等号

22.あの日僕は咄嗟に嘘をついた

MC3

23.インフルエンサー

EN

24.ロマンスのスタート

25.ハウス!

MC4

26.風船は生きている

W.EN

27.ダンケシェーン

T.EN

28.ガールズルール

 

 セトリの括弧のところはセンターを示してる。

みり愛、川後、能條の3人なのは、

関東シリーズの演出として企画された「ファンタスティック3」によるもの。

(公演ごとに3人ずつスポットを当てる)

 

 

 17時、開演前から会場は異様に盛り上がってる。

外はまだ肌寒いのに中はもう熱気で湿気が凄いこと笑

千秋楽ということでオタクも気合いの入り方が違うなーって感じた。

 

OVERTURE→「風船」でコールの大きさと、会場の隅まで白のサイリウムに圧倒。

最初からコールの楽しい曲が続く。

 

 

 

「ブランコ」が終わってここからはファンタスティック3企画。みり愛、川後、能條がセンターでパフォーマンス!

ダンスシーンの演出もあって、みり愛って幼い感じの可愛い印象だったけどカッコイイ系もいけるんだなぁと思った(誰

 

各センターごとにサイリウム。みり愛は黄緑×黄色、川後×、能條オレンジ×オレンジで綺麗に揃ってた。これは昼公演では見られなかった現象かな。

 

じょーさん綺麗だった。笑

 

ちょっとしたVTRを挟んでから、3人は表題曲を披露。

「マネキン」の重低音とコールで耳がおかしかくなりそう。

「マネキン」すごいよ、音が他の曲より3割増しで大きくなってる感じする。重低音がめちゃくちゃかっこいい!

 

バレッタ」のじょーさん、綺麗だった(2回目

夏フリが聴きたかったとか贅沢は言わない

 

こうしてみるとセトリって案外カゴテリで分けられてるんだね。

 

 

 

表題曲ブロックも終わり、後半戦!

 

 

の前にVTR

このVがそこそこガチ。

 

 

 

「彼女たちの本気を、感じてください。」

 

 

 

この言葉でVTRを締め、真っ暗なステージにスポットライトが当たる。

 

ここ、凄かった

トリプルアンコールの話題に埋もれがちだけどここがめちゃくちゃ熱い。

 

 

 

エンドステージ中央にメンバーが円陣を組んでいる。

会場が静寂に包まれるなか、みり愛の叫ぶような声が響く。

 「せーのっ!のー!ぎゅっ!ぎゅー!せーのっ!努力、感謝、笑顔、うちらは乃木坂上り坂!フォーティーシックス!!」

瞬間、息もつかずに会場が揺れ、爆発したように会場が沸いた!

うおおおおおおおお!!笑笑

 

 

ここからはアンダー曲

もう一段階メンバーの気合いが入ったように感じた。

「別れ際」から「咄嗟」の鬼気迫るパフォーマンスにひしひしと本気が伝わってくる。

 

インフルエンサーの前、座長のみり愛から挨拶。

涙をこらえながらも、これまでの感謝の言葉をメンバー、スタッフに述べた。

僕も泣きそう。

 

そうして本編終了

 

アンコールで「ロマスタ」、「ハウス」「風船」をフルサイズで披露した。

 f:id:gznsng:20170425134657j:image

 

本物の風船も落ちてきた!

 

会場の盛り上がりはピークに達する。終了のアナウンスがかかるもアンコールが続き、W.アンコールが成立。

 

まあ正直Wアンコールまでは予定調和みたいなところもあったけどね。

ななみんの卒コンみたいにアナウンスが終わってからすぐにかかったのに、今日は負けなかったのは強かった。

 

Wアンコールでは「ダンケ」披露。

オタのもうみんな叫ぶようにコールしてるし、'17バスラ千秋楽のガルルに勝るとも劣らない盛り上がりになってた。

 

そしてトリプルアンコール。

 

W.も終わってそそくさと帰る人もいた中、ぱらぱらとアンコールの声が聞こえ始め、やがて大きくなっていった。

アナウンスの人も「もう終了しました」みたいなことも言ってた気がする。

スタッフも慌ただしく動き、割と長いことアンコールが続いたのでこれは流石にないかな…?とか思ってたら急にメンバーがステージに出てきて驚いたのを覚えてる。

 

知らなかったんだけどこの時、スタッフは集まって話し合いをしている場所に向かってアンコールをしてた人達がいたらしい笑笑

面白そう笑

 

さてステージに出てきたメンバーは「ガルル」を披露!

もーね、ここがほんとにヤバイ!!(語彙力)

みんな叫ぶわ叫ぶわ、テンション上がりすぎておかしくなってた笑笑

間奏でガチ恋口上やる人も多かった!

 

 

 

楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、ガルル終わってからもうアンコールはしなかったけど、メンバー、スタッフに惜しみない拍手が送られた。

いつまでも鳴り止まない拍手が、今日のライブがいいものだったと感じさせる。

 

全てが終了して僕が会場をでたのが8時すぎ。

 

12人と少ない人数での公演だったけど、終わってみれば今までで1番とも言っていいくらい楽しいライブでした。

 

またアンダーでライブやる時は是非行きたい!

 

 

おやすみ!

 

 

こちらもどうぞ

 

gznsng.hatenablog.com

gznsng.hatenablog.com