読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなくうやむや

コミュ障ヲタク大学生、故に笑いはない

ゴキブリを見失ってしまった

 
夜中の0時。
 

疲れたなあ今日もお疲れ、明日なんてこなくていいよ大学行きたくねーーーーーーー

と思いながらベッドへダイブ。勢い余って頭を壁にぶつける。
 
 
ふと隣の壁にカサカサと動く黒い何かが視界に入る。
 
 
 
あ、G(ゴキブリ)だ。
 

 

 
今までGをそれと認識して見たことはなかった。
見たことはあるかもしれないけど記憶にはないので初めて見たみたいなもん。
 
でも分かった。
まじか。
 
 
キモい。
 
 
実際に見るまではコオロギみたいなもんだろうと思ってた。
 
 
いや結構コオロギに近いんだけど。
 
 
そもそもまずコオロギが苦手だしね。
子供の頃は平気だったのに。
 
 
 
見つけた以上殺さなきゃいけない。
 
一人暮らしで頼れる人もいない。
 
 
 
叩き潰すしかないと思って武器を取ったちょっとの隙に、
 
逃げられた。
 
 
どこいった。
 
僕の部屋はあまり物を置いてないので、隠れた場所はだいたいわかる。
 
ベッドの側に羽毛布団やら毛布やらが積み重なってるんだ。
たぶんそこ。
 
 
探したいんだが、怖くてできない。
 
毛布めくった瞬間、飛び出してきそう。
 
仕方ないからGの殺し方を調べて、奴が出てきたときに迅速に処理できるようにした。
熱湯か台所用洗剤をかけるのが効果アリだそう。
 
 
 
0時30分。
 
 
痺れを切らして探し始める。
ちょっと毛布めくったり。
チキンかよ。
 
 
いない。
 
 
本当にここにいるのかという疑念が生じる。
 
とりあえずスマホで遊ぶ。
 
 
 
 
1時30分
 
 
眠い。
 
 
もう一回探す。
多分もういないだろうと思ったその時、
 
 
 
で、でた、、、!
 
 
叩く!叩く!!!叩く!!!!
当たらない!!怖い!こっちくんな!!あ!あああ!!ああああああああああああああああああああああああああ!!!!
 
 
って感じで半狂乱になってた。
 
 
 
結局見失った。
ええ。。。
完全にどこ行ったかわからなくなった。
 
 
 
 
 
2時。
 
眠さが限界。
もう寝よう。
気にしたらダメだ。
僕は何も見ていない。いいね?
 
おやすみいぃ
 
 
 
 
ぃいいああああああ!!!!
 
 
いた!いたよ!
 
枕元に。
 
 
すげえ速さで逃げていった。
 
 
ベッドの上にいたというショックもさることながら、実は複数匹いるんじゃないかと思い、
 
 
僕は寝れなくなった。
 
 
 
4時
 
 
部屋の照明をずっとつけてると交感神経が云々。
 
でも怖い。
 
窓の外が明るくなる。
 
 
 
そして椅子の上でウトウトと寝てるんだか起きてるんだかな状態で7時を迎える。
 
 
 
 
 
 
 
翌日、ブラックキャップとゴキジェットを買った。
 
これで大丈夫だろうか。